紙製ボトルから見えるワイン業界の不都合な真実


▼ページ最下部
001 2020/08/02(日) 05:13:20 ID:mdN8A4d/fw
いまヨーロッパで、一風変わったワインボトルが話題を呼んでいます。主な材料は、ガラスではなく、なんと、紙! 今年6月末、イギリスのベンチャー企業が販売を始めたところ、わずか1か月足らずで、世界各地から700件もの問い合わせが殺到しています。ワインボトルは、400年も前から、ガラス製のボトルが伝統的に使われてきました。紙製ボトルから見えるワイン業界が直面する不都合な真実とは?(国際部記者 田村銀河)

◆「紙ボトル」あらわる!

「紙ボトル」を開発したのは、ロンドンから北東に100キロほど離れた都市イプスウィッチにある創業4年目のベンチャー企業、フルガルパック(Frugalpac)です。

この会社では、もともとリサイクル可能な紙コップを開発していました。会社の説明によりますと、通常、紙コップは防水加工されている紙を使うためリサイクルできないということですが、コップの内側だけに耐水性のポリエチレンのシートを貼ることで分別してリサイクルできるようになり、独自に紙コップを開発したということです。

今回、このアイデアと技術を、ワイン用のボトルにも応用したということです。コストも、ガラス製のボトルと同じレベルに抑え、イタリアのワイナリーと連携して販売にこぎ着けました。

「ワインを作っている世界中のあらゆる国から問い合わせが寄せられました。それもほとんどが有名な業者や、国際的なブランドです」

紙製のボトルってどんなものでしょうか?見た目はガラス製のボトルと変わりませんが、手にとってみると、驚くほどの軽さです。重さは83グラム。ガラス製のボトルの5分の1程度だそうです。

キャップは、プラスチックのスクリュータイプになっていて、外側は1ミリほどの厚さの紙を重ねた厚紙になっていて、内側は耐水性がある薄いポリエチレンを使った二重構造。いずれもリサイクルが可能なうえ、ワインの長期輸送にも耐えられる強度を保っているということです。

返信する

002 2020/08/02(日) 05:15:42 ID:mdN8A4d/fw
◆キーワードは「脱炭素化」

それでは、なぜいま、この紙製のボトルへの関心が高まっているんでしょうか。その背景には、「脱炭素化」、気候変動対策への意識の高まりがあります。

ワインの生産から、ボトルの製造、各地への輸送までの一連の過程で排出される、温室効果ガスの量を世界各地のワイナリーやワインの業界団体が複数の試算を出しています。それによりますと、ワインの生産過程を差し置いて、ボトルの製造から輸送の過程で発生するガスが、実に、全体の半分、試算によっては、7割近くも占めているというのです。

高温でガラスのボトルを成形する過程や、重いワインボトルを運搬する過程で、多くのエネルギーが必要になるのです。つまり、「脱炭素化」を進めるためには、ワインの生産よりも、ボトルの製造や輸送の段階で、温室効果ガスを減らすことが、ワイン業界にとって重要なことになります。

フルガルパックは、ボトルの主な材料を、ガラスより軽い紙に置き換えることで、ワインボトルの製造や輸送などの過程で排出される温室効果ガスは、6分の1になるとしています。

◆ワイン産地の異変も後押し

とはいえ、ワイン業界からの温室効果ガスの排出は、産業全体でみればそれほど大きくありませんし、ぶどう畑は温室効果ガスの吸収にも貢献しているようにも見えますが、どうしてワイン業界が積極的に気候変動対策に取り組んでいるんでしょうか。ワインの産地で、気候変動が影響しているとみられる被害がますます深刻になっていることが背景にあります。
世界有数のワイン産地、チリ。乾燥した地域で、かんがいによって広大なぶどう畑を耕して、ワインの生産を行ってきました。

しかし今、気温の上昇や、干ばつの進行によって、栽培ができない土地が増えているといいます。

日本でもよく見かける自転車のマークをあしらったラベルのシリーズを持つ、チリの大手ワイナリー、コノスルも、干ばつによって井戸水が枯れ、ぶどうの栽培に必要な水が取れなくなるなど、気候変動への対策は喫緊の課題だといいます。

以下ソース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200731/k1001254090...

返信する

003 2020/08/02(日) 06:07:44 ID:FNTqbIsd6I
おしゃれーだね!

返信する

004 2020/08/02(日) 06:12:32 ID:4.qABP8SZk
これじゃアカンのけ

返信する

005 2020/08/02(日) 06:25:52 ID:k7.ZLoG66w
私の今年一番ショックは
来年から
ジョニ黒が紙になるって事だ。
今の内に買占めよう

返信する

006 2020/08/02(日) 06:46:48 ID:UqqsQk.TLI
ビン等より紙が遥かに良い。酒にビジュアルなんか必要無しw

返信する

007 2020/08/02(日) 07:29:09 ID:tRL2a6SrnM
昔はジョニ赤五千円、ジョニ黒1万円で
超高級ウィスキーとしてありがたがられたもんだが
紙だと如何なもんだろう
デートで行った高級フレンチでソムリエが
紙から注いでくれたワインにエロさはあるのか???

返信する

008 2020/08/02(日) 07:33:38 ID:wDPOQYaSS2
日本酒を晩酌にしているが、地元の酒蔵は紙パックを出していないのでたまにしか飲まない。

返信する

009 2020/08/02(日) 07:38:43 ID:bzAd/whWQA
ガラス工場の熱源は、太陽光を鏡で集光した
太陽熱にしたら良いじゃんか。
労働時間もキッチリ抑えられるし、
悪天候なら臨時休業。

返信する

010 2020/08/02(日) 07:45:16 ID:W68Oh6AHEA
よく不良が喧嘩するときビンをガシャって割ってオラオラってやるじゃん
あれが紙だとカッコつかないね

返信する

011 2020/08/02(日) 07:57:30 ID:gEI0NhuboI
しかし、センスの欠片もないボトルのデザイン絵w

返信する

012 2020/08/02(日) 08:06:43 ID:iqAfnb3xX.
こういうのでいいんだよ
樽から汲むのさ

返信する

013 2020/08/02(日) 09:03:01 ID:SRKoZtkSv6
うれしいワイン
とか紙パックあるじゃん

返信する

014 2020/08/02(日) 09:35:28 ID:dHszQlxGHE
この世から飲料用アルコールを一掃すれば良い
脱炭素化どころか事件や事故、その他諸々解決するぞ

返信する

015 2020/08/02(日) 10:19:05 ID:hC2zQFqjUA
飲まないから関係ないけど
これはこれで悪くない感じじゃない?

返信する

016 2020/08/02(日) 10:55:38 ID:RvV1wJPNEA
昨日、久しぶりに賀茂鶴を呑んだ。ヤッパリ旨いは上撰酒・・・お酒はガラスのボトルが良いなぁを

返信する

017 2020/08/02(日) 10:59:58 ID:lv3OD6nSTc
紙だと味が落ちるのは仕方ないのかね

返信する

018 2020/08/02(日) 11:08:30 ID:spDHW8GrS.
>>10
あれね。けっこう割れないんだ。

ごん!あれ?ごん!ごん!
て、てめぇ〜ゴルアァァァ

割れた瓶より、殺傷力高いかも。
遠慮なくぶっ叩けるし。

返信する

019 2020/08/02(日) 11:38:41 ID:nvzJlhrYpA
>>7
貴方、かなりのオッサンですね。
お気持ち察します。

返信する

020 2020/08/02(日) 15:39:39 ID:rFxaadHOF2
紙の原料はパルプ、マイクロプラスチックだの脱炭素だの温暖化だのと騒いで今度は木を切るの?砂漠化とかならないの?教えてエロい人

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:8 KB 有効レス数:20 削除レス数:0





ニュース二面掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:紙製ボトルから見えるワイン業界の不都合な真実

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)